純愛レンズ

応援している松井奏くん(と、ジャニーズJr.)のはなしを毎日むりやりにでもするブログ

ジュニア祭でデジチケのはずが手書きチケットになった座席難民のはなし。

ジュニア祭りさいたま初日お疲れ様でした~!!!

さて、4月8日本日一部公演でとんでもない体験をしたのでまとめておきたいな~と思います。

 

端的に言ったら席が無かった。席が。

最終的には無事入れたので、ちょっと冷静に本日の出来事を時系列にて振り返りたいと思います。

 
 

◎10:40 待機列に並び始める

ちなみに今回わたしのチケットは四連、代表者はジュニア担の友人の本人名義、四連のメンバーも全員友人同士で、転売やチケット掲示板での交換などは一切していない正真正銘本人名義のチケットです。

 
いつもならジュニア担あるある、開演ギリギリにロビーダッシュをキメている私ですが、さすがに今回はデジチケ初導入、多少の混乱もあるだろうとよんで早めに入場しよう(そしてロー○ンで買ったおにぎりとかから○げくんを席でゆったり食べよう!)と考えてのこの時間でした。
今考えればこの選択が最終的に自分たちを救った気がします。余裕をもった行動、大切。


 ◎11:05 開場、そして席が無い

開場はすこし押しましたがまあ許容範囲内かな~って思ってました。デジチケのQRコード読み取り自体はスムーズにいき、発券。
その時点での座席はバクステ側の扉の200レベル9列でした。
「9列まあまあいいんじゃない~?」とか言いつつ扉まで移動、(扉でのチケット券面による入場扉確認はありませんでした)9列どこ~?と探しながら階段を下る今思えばあの瞬間が1番今日楽しかったですね!!!え!前じゃない?!みたいな期待が!!!!!
ここが12列ってことはこの4列前…あれ?

席がない。


バクステ側扉の200レベルスタンドは10列はじまりで、1~9列の席は無かったんです。
え?扉間違えた?え?列あってる?混乱していると他にも同じような方が。わたしは9列でしたが、8列の子、さらには1列の方までいらっしゃいました。すぐにスタッフさんに声をかけると、
「システムのエラーで本来なら表示されない座席が発券されているようです」とのこと。

その時はえええええって思いましたが、まあ正直まああの事務所のことだからちょっとしたトラブルはあるよね!!!!わろた!!!ツイッターに載せなきゃ!!!みたいな気持ちでした、後ほどあんなに待たされるとは思わなかったからな!!!!!「とりあえず1度ロビーで待機してください」の指示によりスタンドから退出。


◎11:15 情報錯綜、#ロビーとは

前述のとおり1度スタンドから退出したのですが、いや、ロビーってどこよ。
「何扉前に集合してください」とか、○○前に集合~とかのアナウンスは一切無かった。まず、該当チケット所持者が個々にスタッフに問い合わせてスタッフがそういう方はロビー待機…みたいに案内してて全体への「○扉9列までのチケットをおもちの方は集合願います」みたいなアナウンスも無かった。ひとまず扉前の廊下で待機→入場どうなってるんだろうね?と気になったため、入場したAゲートを見に行ったら入場制限してた。こりゃ大変なことになってきたぞ…と思い出すわたし。


◎11:30 一時的な待機場所へ

同行の友人のTwitterで席ない人集合してるって言ってる」との発言により、再度スタッフさんに問い合わせたところ、「この通路を真っ直ぐいった所に集まっています」とのこと。早く言えよ。てかアナウンスしてくれよ…SNSの発展に感謝しつつ集合場所とやらに合流。

そこにはすでにざっと数えて100人くらいがいました。一時的にこちらで待機とのアナウンスがあり、しばらく待つことに。なかなか狭い空間に不安なヲタクたちが詰め込まれて皆口々に文句を言っており空気はなかなか最悪でした。わたしはとりあえず買ったから○げくん冷めちゃうよ~~とかいいながら呑気におにぎりとから○げくん食べてたけど。ここで30分くらい待たされましたね。段々、これ開演間に合わないんじゃん…?という空気になっていきました。



◎12:02 集合場所移動

スタッフさんより「ここより少し横幅が広い所に今から移動します、移動したあと係の者より説明がある」とのことで、移動。移動先はBゲートから入ってまっすぐ行ったくらいの廊下でした。なるべく広がって待機と言われました。何かを伝達するには絶対詰めて待機のほうが良いのに。

はっきり言ってここで待ってる時が1番メンタル辛かった!!!!
なんてったってBゲートから比較的スムーズに入場してるひとたちが横を通るんで、なんでわたしたちこうなってしまった…みたいな気持ちになるし、EXじゃないんだからこんなに立たされること想定してないから足は疲れるし、Twitterでは情報錯綜するし、仕方ないから床にしゃがんでおにぎり食べてたら何あのひとお行儀わるい!みたいな目で見られるし開演時間は刻一刻と迫ってるわけで。全員が入場しないと開場しない旨は本来の開演時間ギリギリになってアナウンスされました。入れるか入れないかも分からない状態で、わたしは同行が気心知れたお友達だったから「関係者席とかだったらどうする~?!?!見学に来たやまぴーの隣とかだったらどうしよ!!!」とか「もう席無かったら歌舞伎出てる内村とか根岸の代わりに外周で踊るしかないよ、わたし3秒笑ってなら出られる」とかふざけてられましたが、これ一人とかその行動の是非はともかくとしてチケ○ャンとかで買った同行の人とかだったらメンタルやられてたと思う、あの時一緒になって陽気にしてくれたお友達3人にはほんとに感謝です…
ちなみにわたしのまわりはやはりジュニア担はおねえさんの牙城ってかんじで泣いてる子とかすごいキレて叫んでるひととかはいなかったかな。皆呆れてた。


12:25 ◎列が整備される

スタッフさんより、2連番と4連番のひとに分かれて並ぶように指示。ようやくなんとかなりそうな気配が出てくる。



◎12:30 まさかの手書きチケットが配られる

私たちは4連だったのでおそらく比較的早めの案内だったのだと思います。並ぶように指示されてすぐスタッフさんに「こちらの席でしたら用意出来ます…」とおもむろにメモを渡される。まさかの手書き。これがTwitterに載せた例の写真の手書きチケです。


f:id:get_t_star:20170409094420j:plain





いやいや簡素すぎだろ!!!!!

スタッフさんのポッケからおもむろにメモ出てきてチケットにホチキスでばちんと止められたメモ。そして9列だったチケットは25列に。倍以上後ろじゃん?!「これより前の席とかって無いんですか?」って聞いたら無いって言ってた。てかメモ私たちの分くらいしか持ってなかった。まだ配り終わってないあとの人達どうするんや。後ほど、Twitterにてレシートみたいな発券式のチケット配られた同じような席なし民がいることを知る。ちなみに、何連かを聞かれただけで、本人確認やQRコードの再提示は求められませんでした。まあでも席がご案内出来ませんでした返金ですくらいの最悪の事態を想定しだしてたからまだ席があるまでマシだな?!みたいな気持ちで移動してたら、いや、トラジャ喋ってるじゃん。ジュニアたちがMCしたり、謝罪したりしてるのはそこで知りました。謝罪されるべきわたしたち、聞いてないです…別に謝られたいわけじゃないですが…
席についたのはデビュー組の映像より前でした。このトラブルに巻き込まれた組としてはかなり早い対応を受けた組だと思う。わたしたちが4連で多分席が埋めやすかったのと、たまたま列のはじめのほうにいたので、たまたま。対応にめっちゃ差があったと思いますし、そこが問題を大きくしたと思います。入れなくて外で待機してる組がいたり、500レベルに振り替え組がいることはそこでTwitterで情報収集して知りました。


なんだかんだでなんとか一部はじまりましてわたしたちはスタートから観ることができたのですが、もうなんか騒動で疲れてしまって、若干ぐったりしながら見てた。2部は400レベルだったんですが、席があるだけでめっちゃ嬉しかった!!!!!!!!遠くから見ても松井くんの輝きは変わらないしね。


これがわたしのチケット騒動です。なかなか貴重な体験をして、ヲタクとしての経験値がまたひとつあがったな~🙌みたいな気持ちです。Twitterでよくあるジャニヲタビンゴみたいなやつ、余裕で角とれんな?みたいな。2部は席があるだけで遠くても楽しかったし、幸せでした…ただ、こういう終わりよければまあおっけーみたいなお花畑タイプのヲタクばかりではないと思うので、事務所には対応をお願いしたい次第です。松井くん大好きなので、背に腹はかえられず懲りずに今日もさいたまに向かう電車道中ですが、


どうか、皆様席がありますように。